【報告|project「NINOMIYA」in 栗山】栗山町での薪づくりプロジェクトがスタートしました!

石狩市美登位を拠点に、木材の調達・薪割り体験・薪の販売を行っている project「NINOMIYA」。そんな NINOMIYA の薪づくりノウハウを、栗山町にインストールしようとしています。里山整備で出てしまう未利用材を使って、町内外の人を巻き込んで薪づくりを実施することで、持続的な里山整備と人材育成を目指しています。

今回は10/9(日)に実施した、栗山での第1回目となる活動の様子をお伝えします。

活動内容

栗山町で薪割り活動の拠点となるのは、元は小学校であり、その後「桜山自然の家」というキャンプ施設となっていた場所です。現在は営業終了しておりますが、この薪割り活動のために使用させていただいています。

晴天の中、NINOMIYAメンバーと役場や地域の方々総勢11名が集まり、プログラムが始まりました。

当日は薪割り初体験の方ばかり。参加者のみなさんは安全な薪割りの方法や割り方のコツを教え合いながら活動しました。ときには笑い声も飛び交い、現場は和やかな空気に包まれていました。

薪割りの後はNINOMIYA式薪割りでは欠かせない、コンテナへの薪詰め作業。分担しながら、全員協力して作業を進めます。共同作業が生まれるのもコンテナ式のいいところです。

薪割りの後は、栗山町の方々の案内で自然体験フィールドである「ハサンベツ里山」の見学会が行われました。今後は、栗山町の薪割り活動ではハサンベツ里山の材を使うことが計画されています。

栗山町での薪割り活動のこれからに注目です!

参加者の感想

栗山町での薪割り活動の始まりに関わらせていただき、とても貴重な経験をすることができました。参加者の皆さんが和気藹々と薪を割り、共に過ごしている光景を見て、自分たちが普段やっている薪割り活動の良さを再確認する一日となりました。栗山の皆さんと一緒に、これから素晴らしい活動をつくっていきたいと思います!

薪割り・材出しなど、NINOMIYAでは様々な活動を実施中。ご参加お待ちしています!
お申し込みはこちらから。
活動の様子はInstagramでもご覧いただけます。